お問い合わせ
更新日:2016年11月08日

平成29年版(2017年版)美術年鑑作品掲載

来年の美術年鑑「特選ギャラリー」に寄稿文と共に「扇面寿印大機達磨図」「扇面心月二聖図」の2作品が掲載されます。
作品は作品ページ内にも掲載しております。

更新日:2016年11月08日

ドキュメント映像「雪舟随縁(せっしゅうずいえん)」制作開始

 

2006年は道釈画家 七類堂天谿 氏の画業を語る上で極めて重要な年となった。

この年の5月18日、氏は中国寧波市および南宋五山の古刹 天童景徳禅寺の主催する

「雪舟圓寂五百年紀念式典」に日本から只ひとり主賓として招聘され、政府認可のもと天童寺住職から雪舟以来の画家の名跡「天童第一座」の称号を授与された。

悠に540年の時を超えた奇縁である。氏はこの一大事を「随縁(ずいえん)」と言う。

この名跡拝命が氏のその後の運命をどう変えて行くのか。

氏はその宿命に何を見るのか。

当時の貴重な映像をもとに氏の回想を交えながら、この拝命の意義と道釈画の未来への更なる可能性を改めて記憶し、証言するドキュメンタリーの制作を開始しました。

公開時期等、詳細が決まり次第お知らせいたします。

 

008s2

更新日:2016年11月07日

NHK国際放送「Core Kyoto」番組出演

NHK WORLDの番組 「core kyoto」(11月3日放送分)にて、建仁寺塔頭両足院 撰佛画寮での七類堂 氏の「大獅子」制作の様子がブロードキャスト放送にて公開されています。氏が2014年から手掛ける同院本堂襖絵制作事業のはじめから5画題目の「騎獅聖僧図」へ挑むまでの映像が京都の襖絵の歴史・現状と共に紹介されます。11月17日までNHK公式ウェブサイトで御覧頂けますので是非お楽しみください。

NHK WORLD core kyoto / Fusuma Paintings: Artful Partitions Transform Space
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/corekyoto/20161103/

image1

更新日:2016年02月28日

天地一水ページ写真追加のお知らせ

天地一水ページに京都山科 和楽窯での制作風景を更新いたしました。
どうぞお楽しみください。
http://shichiruido.com/portrait/

更新日:2016年02月25日

制作ドキュメント映像「別に是れ天地」 公開

制作ドキュメント映像シリーズの第1弾として楽焼の作陶を追った「別に是れ天地」 の本編を公開いたしました。
下記よりお楽しみいただけたら幸いです。

天開図画のページはこちら

更新日:2016年01月24日

過去の出版物のお知らせ

雪舟嫡家十七代 七類堂天谿画展図録

発行:中国天一閣博物館
出版日:平成21年6月12日

中国浙江省寧波市にある国家重要文化財指定の歴史ある天一閣博物館(虞浩旭 館長)並びに寧波市政府の招聘により同館「雲在樓」で2009年6月に開催された日本人としては初の七類堂天谿氏の大規模な個展。その展観の全作品を紹介。題字は西冷印社副社長 劉江氏の揮毫。関係資料及び日中両国の雪舟ゆかりの京都相国寺派管長・寧波市天童寺住職・尾道市長・中国美術学院長などの跋文も併せ掲載。天谿氏はこの3年前の2006年5月、浙江省寧波市及び同市仏教協会主催の「雪舟圓寂五百年式典」席上に於いて天童寺より雪舟以来540年ぶりに「天童第一座」の称号を正式に授与されている。巻末頁に墨書直筆サイン入り。

天一閣博物館

天開図画−玄妙なる道釈画の世界 七類堂天谿作品集−

発行:淡交社
出版日:平成24年4月29日

画聖・雪舟の没後五百年余、雪舟と同じく画家の道を歩み、同じく中国で「天童第一座」の称号を受けた七類堂天谿(しちるいどうてんけい)氏は、水墨画、とりわけ仏教や神道などの尊像・祖師像を主題とする「道釈画」に独自の表現で新風を吹き込み、精力的に画作を続けています。本作品集では、その七類堂氏が京都・相国寺承天閣美術館で行う個展の出品作を含めた約100点の作品で、枯淡かつ荘厳な芸術世界を紹介します。

睨む達磨、微笑む菩薩。道釈画の伝統に新風を吹き込む画人・七類堂の荘厳な芸術世界。

天開図画

書籍に関してご購入をご希望の方は、お問い合わせよりご連絡ください

更新日:2015年12月26日

「風光宿縁」本編公開

ドキュメンタリ映像シリーズの第2弾として千光寺 持佛堂で行われた開眼法要を収めた「風光宿縁」を天開図画ページにて公開しました。
お楽しみいただけたら幸いです。

天開図画のページはこちら

更新日:2015年11月26日

天開図画ページの開設

天開図画では、七類堂画伯の活動に密着したドキュメント映像シリーズを掲載していく予定をしております。
第一弾として楽焼の作陶を追ったドキュメンタリーの予告編を公開させていただきました。
お楽しみいただけたら幸いです。

天開図画のページはこちら

更新日:2015年11月25日

【玄寿会】(げんじゅかい)発足

七類堂師主宰による雪舟以来の道釈画を身近に学べる会【玄寿会】(会長 大本圭祐氏)がさる10月28日発足しました。毎月二回開催される一般参加の初心者を対象とした水墨画教室です。お問い合わせは玄寿会事務局まで。※資料参照

ハガキ最終裏

ポスター最終

更新日:2015年11月25日

【飛白会】(ひはくかい)発足

七類堂師を主宰として道釈画の墨技や仏教的教理教養などを学び、顕正していく真言宗青年僧侶の会【飛白会】(会長 千光寺 多田真祥住職)が10月26日尾道千光寺撫松菴を会場に発足しました。書画文墨を現代の仏教の布教活動に広く役立てることを目的に毎月二回の日程で七類堂師が開講します。

お問い合わせは飛白会事務局(事務局長 光音寺 吉武真仰住職 TEL 084-986-2789)まで。

更新日:2015年11月25日

平成28年版(2016年版)美術年鑑作品掲載

来年の美術年鑑「特選ギャラリー」に「扇面心経花結千手観音図」と「扇面三笑百楽図」の2作品が掲載されます。又新綺譚を検索して下さい。

又新綺譚へ

更新日:2015年09月25日

新作紹介について

毎月一度、新作を又新綺譚にて紹介させて頂く予定をしております。
お楽しみいただけたら幸いです。

更新日:2015年08月06日

ホームページのご利用にあたって

ホームページにご訪問いただきありがとうございます。
ホームページの簡単なご説明をさせていただきます。

各メニューの内容に関して

お知らせ
最新の展覧会情報や、作品の公開情報、並びに講演などのお知らせをこちらでおこなっていきます。
作家紹介
作家本人の挨拶文を掲載させていただいております。
又新綺譚(ゆうしんきたん)
新作情報を更新させていただきます。また、こちらの作品に関してはある一定期間が過ぎましたら削除させていただきます。
作品集
過去の作品を掲載させていただきます。
天地一水(てんちいっすい)
作家本人やその周りに日々起きている出来事を写真で収めることにより、道釈画の真髄を映しだしたポートレイト集を掲載させていただきます。
お問い合わせ
講演、実演、講師、作品展企画、作品の購入、プレス関係のご依頼、その他質問などはこちらよりご連絡下さい。
また、ご要望、ご質問内容によってはお答え出来ないものもございます。 ご了承下さい。

著作権に関して

このウェブサイトに掲載されたすべての作品、写真等に関する著作権は創作者に帰属します。
著作権法で特に認められている場合を除き、このウェブサイトの内容を無断で複写、複製、翻訳、公衆への再提供等を行うことは法令で禁止されています。

更新日:2015年08月06日

オフィシャルホームページ開設のお知らせ

この度、七類堂天谿オフィシャルホームページが開設しました。

いままで、お伝えすることがあまり出来なかった、近況報告や、新作の発表、また今までの作品の中からピックアップして
作品集として公開していけたらと考えております。

更新日:2015年08月06日

画房開設のお知らせ

2014年6月17日、京都五条での画房開設をいたしました。
それにともない道釈画の次世代への振興・普及のため個別教授に依る画塾生及び門弟の募集を開始いたしました。
ご希望の方は面接、応談をさせていただきますので、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

画房 玄鶴樓   〒600-8028 京都府京都市下京区植松町739−2ー305